CROSSTALK
クロストーク

VOL.2

経営者からの挑戦

今後の事業成長のキーパーツと位置付けられる新規事業のドライブを任された事業責任者二人に、新領域に取り組む目線をお伺いしました。

新規事業の牽引という経営からの挑戦を引き受けた、二人の事業責任者の目線

マーケットプレイス事業部 / 部長
橋本浩紀
新卒で当社入社後、加盟店を支援する部署でキャリアを積む。2021年度より、新規事業を担うマーケットプレイス事業部長として、新たな領域に挑戦。
マーケットプレイス事業部 / 部長
増子勇樹
当社入社後、主に法人営業領域に携わり実績を上げる。
当社の今後の事業成長の柱の一つとなる新事業領域で、事業責任者を担う。

本日は、「経営者からの挑戦」というテーマで、マーケットプレイス事業部の二人の事業責任者にお話をお伺いします。
増子さん、橋本さん、よろしくお願いいたします。

増子・橋本
よろしくお願いします。
橋本
随分と大きなトークテーマですね(笑) 経営者からの挑戦・・・・。
増子
「経営者からの挑戦」かどうかはわからないけれど、今二人でやっているマーケットプレイス事業は、明確なチャレンジだよね。

ではまず、「マーケットプレイス事業」について、事業の枠組みやその取り組みについて教えていただいてもいいですか?

増子
はい、わかりました。
当社が展開している「おそうじ本舗」はハウスクリーニングという事業領域でビジネスを行っているのですが、フランチャイズというその性質から、我々FC本部には日々、加盟店の皆様の事業成長をお手伝いするという 明確なミッションがあります。
当然ながら、本部として加盟店に事業成長していただくことが、そのまま当社の市場シェア獲得につながるわけですが、加盟店の成長支援の一環として、案件の創出を日々行っています。

その取り組みの中で、大手を中心に当社と直接提携していただいている法人様が多数あり、日々、様々な案件の創出をお手伝いいただいております。
一方で、我々おそうじ本舗もその例外ではないのですが、サービス提供させていただく側の課題として、「作業稼働の限界」というものが存在します。
せっかく提携法人様に創出していただいた大切な案件と、サービスをお待ちいただいているお客様に
スケジュールが調整できない、という理由でご依頼をお断りしなければならないケースも出てきたりします。

そこで我々マーケットプレイス事業部では、提携法人様やご利用者様とサービス提供者をマッチングさせるプラットフォームを開発しました。
そのプラットフォーム上では、提携企業様からの案件を直接流通させることで、サービスをお待ちいただいているお客様に、いち早くサービス提供できるマッチング機能を提供します。

提携法人様の業者への連絡工数も大きく削減できますし、サービス提供サイドとしても 優良な案件をどんどんご案内いただけますので、まさに三方よしの取り組みです!
当社としてもDX領域の新しい取り組みとして、業界をあるべき形に動かす仕組みだと思っています。
橋本
自画自賛感がすごいですね(笑)
でも、増子さんの仰る通り、私もこの取り組みは業界構造を変えると思っています。
既成概念にとらわれず、お客様をはじめとするステークホルダーの皆様に、当社しか提供できない付加価値を提供できる取り組み、と言ったら言い過ぎですかね(笑)
増子
いいと思うよ(笑)
今回の大きいトークテーマに当てに行くには、それぐらいの目線で語らないと(笑)
橋本
ありがとうございます。
話は変わりますが、増子さんはうちの会社何年目でしたっけ?
増子
えーと、12年。かな?
言葉に出すと、すごく長く感じるけど、意外とあっという間だよね。橋本君も、もう入社して10年ぐらい経ってるんじゃない?橋本君は新卒で入社してきてるから、僕の中ではなんとなく若手感があるけど、気が付いたら、新規事業の責任者だもんね。
これはある意味で、「経営者からの挑戦」かもしれないね。
橋本
そうですね、ちょうど10年になります。永遠の若手として、これからも精進してまいります!
増子
そうはいっても、おそうじ本舗事業部で支店長、事業責任者とかなり重たいロールをこなしてきている橋本君だから、今回のミッションも、思うところがあるんじゃない?
橋本
すでに大きな投資もしていただいている事業でもありますし、これから業界やビジネスの構造そのものを変えるチャレンジになりますので、自分自身ドキドキとワクワクが半々の状態ですね(笑)入社以来、おそうじ本舗事業部でずっと仕事をしてきましたので、今回頂いたミッションはまさに「経営者からの挑戦」として受け止めています。
増子
僕は逆に、長く法人営業に携わっているからこそ、事業全体の景色が変わらない、という忸怩たる思いもあるんだよね。今回のマーケットプレイス事業は、そういう意味ではすごく大きな期待感を持っています。
業界全体の課題としてデジタルへの取り組みが遅れている部分もすごく見えているし、おそうじ本舗加盟店の皆さんへの支援という意味でも、このプロジェクトだけにとどまらず DXで出来ることもたくさんありますしね。
橋本
その通りですね。
会社全体で「新しいことに挑戦していく風土」があると思うので、これからもそれを大事にして、経営者からの挑戦にしっかりと答えていきたいと思います。