MEMBER
社員紹介

Vol.01

「思考」をカタチに

マーケティング部 部長
小野翔輝

PROFILE

京都大学 工学部卒業
新卒でメガバンクに入行ののち、コンサルティング会社を経て、当社グループに入社。
グループ経営企画職を経験した後、事業に深く携わるポジションに関与し、その実績により事業責任者に抜擢。
2021年10月より現職。

はじめに小野さんのこれまでのキャリアを教えてください。

はい。大学卒業後、メガバンクに新卒で入行しました。
経済そのものをつかさどる金融という根幹のポジションから、市場にアプローチすることができる銀行業務では、本当にいろいろな経験を積ませていただきましたし、その経験は今でも私のビジネスに対する価値観のベースになっていると思っています。
一方で、業界特有の縛りも存在しており、そこに対する違和感は入行以来ずっと持っていました。 銀行にずっといるという選択肢もあったかもしれませんが、私はもっと直接的に実業に携わり、 自分自身の力で、何かを変えたいと思っていました。自分の成長やパフォーマンスによって、周りに影響を及ぼしたいという思いが多分人より強いんだと思います(笑)

銀行退職後、不動産関連のコンサル事業を展開する企業に転職しました。
不動産も広義の金融領域ではありますが、自分自身に強いストレッチをかけ、自分自身を追い込むことで成長を獲得するという企業スタイルだったこともあり、私が求めている環境に非常にフィットしました。実際に入社した後は、仕事をしていた以外の記憶がありません(笑)
その意味では、「ワークライフバランス」という単語とは対極の位置にいたのかもしれませんね。私自身は、その環境が気に入っていましたし、自己成長の実感が最も得られていた時期かもしれません。

さらに言うと、当時周りの同僚たちもとても優秀だったし、視座の高い連中が鎬を削る環境だったと思います。仕事の中で事業再生に携わることになり、「経営」の一端に触れたことで、その道でチャレンジしたいと思うようになりました。
10社以上の転職エージェントに相談して、たまたま縁があったのが当社グループです。

小野さんは当初、ホールディングスの経営企画部にいらっしゃいましたよね?

そうですね。当時の募集がホールディングスと各事業会社で、所属を限定していなかったこともあり、ホールディングスと各事業会社の入社選考が同時並行で行われていました。

当時、当社グループがファンドによる運営になった直後で、経営体制が大きく変わった時期でもありました。「株主に対するレポーティング」という、これまでは存在しなかった役割が明確に定義された時期だったんだと思います。
そこで、当社副社長の宮崎と出会い、入社を決めました。入社後の配属は結局ホールディングスだったんですけどね。

その後、事業会社である当社に異動が行われた?

はい。当時のホールディングスの経営企画の仕事もやりがいのあるものでしたし、グループ各社の事業を正しく理解することもできました。
ただ、そもそも私のやりたいことはあくまで実業を介して自分自身の価値を高めたい、というものでしたのでその想いを、見澤、宮崎に相談し、事業会社である当社への異動を後押ししてもらいました。

当社に入社した後は、どのような役割を担われているのですか?

異動後私に任せていただいたのは、FC本部による集客を司る部門でした。当社が展開するおそうじ本舗では、当社がFC本部として市場に直接リーチし、お客様からご依頼を獲得する機能を持っているのですが、その本部集客を最大化するのがミッションです。
お客様から依頼を獲得するためには、当然ですが広告宣伝活動が重要となります。それと同時に、一件あたりの獲得単価という意味では、社内オペレーションの改善も必要でした。
その両面から、定量的に数値分析したうえで、適時アクションを決定していくという役割です。
比較的メカニズムのはっきりしている領域でもありましたので、とにかくはじめは事業構造の解像度を上げるということに注力しました。

これまでのご経験は生かされましたか?

大きく二つの意味で生かされていると思います。

一つは表現の方法です。
ホールディングスの経営企画部にいたころは、プレイヤーとして様々なレポーティング資料の取りまとめをしていました。上長だった方が大手コンサルご出身だったこともあり、取りまとめとその表現は鍛えられていました。
ただKPIを羅列したり、トレンドを表現するだけではなく、一つ一つの数値が何を意味しているのかを分かりやすく言語化し、そのうえで実際のアクションに引き倒していく、というプロセスはある程度身についていたんだと思います。

もう一つはやや概念的なものになってしまうかもしれませんが、「考える」ということです。
前職以前、もっと言えば学生時代からそうだったのかもしれませんが、私自身「思考する」という行為そのものをずっと意識してきました。それぞれのイシューに対して、とにかく人より深く考える。考えて考えて考えまくる。
それでも答えの出ないものは、だれが考えても答えが出ない、と思えるぐらい考えます。

小野さんにとっては考えるのが仕事、ということでしょうか?

というよりも、仕事とは考えること、という関係性だと思っています。これは、部署や業務領域、ポジションが変わっても同じです。
より早く、より多く、より確実に。その思考の幅と深度が自分自身の価値そのものになるんではないでしょうか。

最後に、これからはマーケティングの責任者として、より大きな課題に取り組むことになりますね。

非常に身が引き締まる思いです。
これまでの私の取り組みを評価していただき、比較的若くして非常に重要なポジションを任せていただきました。
逆に言うとこれからは、より結果責任が問われることになるんだと思います。 「こんなに考えました」というプロセスではなく、その結果を数字に繋げる責任の重みを感じています。
ただ、当初から自分自身の望んだことでもありますし、結局できるのは結果が出るまで考えるのをやめない、ということだけなので、そのフィールドを与えていただいたことには非常に感謝しています。
これから入社していただく皆さんにも、ぜひこの環境の楽しさを味わっていただきたいと思っています。

member_1_3.png