ダイバーシティ

HITOWAグループでは、ダイバーシティ(多様性)を性別、人種・国籍、年齢、身体的特徴、性的志向・自認、宗教・信念、キャリア、ライフスタイルなど、あらゆる「一人ひとりの違い」と考えます。

これらの多様性に関して如何なる差別的行為やハラスメントを容認しないだけでなく、企業のコミットメントを下記のように掲げ、その実現に取り組んでいきます。

コミットメント

HITOWAグループでは、年齢、性別、国籍等に関わらず、多様性を持った従業員が互いに尊敬しあい、助け合い、ひとつの輪になって生き生きと働く環境と風土を実現します。

女性活躍推進

人材の多様化の取り組みの中で、現在HITOWAグループが最も注力しているのが女性の活躍です。2020年度、女性社員の比率は社員全体の約74%、管理職比率は約37%となっています。グループ会社のうち保育事業を運営するHITOWAキッズライフでは女性比率が約95%、管理職比率は約74%と女性が最も多く活躍しています。

HITOWAグループは、おそうじ、介護、保育等、女性が活躍できる様々な分野で事業を行っています。結婚・出産等のライフイベントを経て働き続けられるよう、会社として産休・育休等の制度や研修・育成制度等、より働きやすい職場環境の整備に取り組んでいます。

障がい者雇用の促進

特例子会社のHITOWAソーシャルワークスは、「一人ひとりの個性と強みを活かしながら、誰もが生き生きと笑顔で平等に働ける社会を創る」ことを目指し、障がい者雇用の促進に取り組んでいます。

HITOWAグループにおける障がい者の雇用率は2.43%(2020年6月1日現在)で、多くの障がい者の方が活躍しています。2021年からは、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として政府が要請した「出勤者数7割削減」を実現するため、特例子会社では前例の少ない在宅勤務制度を導入しました。

また、HITOWAソーシャルワークスでは、障がい者の活躍を願う多くの企業や福祉機関、障がい者就労支援センターなどから依頼を受けて、障がい者雇用に関する研修会や講演会をオンラインや対面で実施し、社会全体が障がい者への理解を深めるための活動を行っています。

定年制度

少子高齢化にともなう社会構造の変化や健康寿命の延伸などを背景に、高齢者雇用に関する環境や個人の就労に対する意識は変化しています。

HITOWAグループでも、シニア層の豊富な経験やノウハウを活かすとともに労働力を確保するという考えから、2017年に「65歳定年制」を導入しました。

今後も多様な人材が長期的に活躍できる働きやすい職場環境の実現を目指します。