反社会的勢力排除の基本方針

2017年10月1日
HITOWAホールディングス株式会社
代表取締役社長 CEO 今田 健治

当社および連結子会社(以下、「当社グループ」という)は、反社会的勢力による被害を防止するため、ここに、「反社会的勢力排除の基本方針」を宣言します。

  1. 反社会的勢力の排除に関する姿勢 当社グループは、暴力団、暴力団員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力(以下、総称して「反社会的勢力」という。)と、一切の関係を遮断します。
  2. 反社会的勢力との関係遮断 当社グループは、反社会的勢力との関係を一切遮断するために、代表取締役等の経営トップ以下、全役職員が断固たる姿勢で一切の取引を遮断します。
  3. 不当要求の拒絶および法的対応 当社グループは、反社会的勢力による不当要求は断固拒絶し、民事と刑事の両面から法的措置を講じます。
  4. 労働契約・雇用契約の禁止 当社グループは、反社会的勢力による被害を防止するために、反社会的勢力との雇用契約その他一切の労働契約を締結しません。
  5. 反社会的勢力排除条項の規定 当社グループは、反社会的勢力が取引先となって不当要求を行う場合の被害を防止するため、当社グループが締結する契約書等に反社会的勢力排除条項を規定するとともに、契約締結後に契約の相手方が反社会的勢力であると判明した場合は契約を解消します。
  6. 外部専門機関との連携 当社グループは、警察、弁護士等の外部専門機関と連携して、反社会的勢力を排除します。