DXの取り組み

トップメッセージ

グループシナジーとDXにより新規顧客領域の拡大を目指します

現在、国内では少子超高齢化が進み、生産年齢人口の減少による労働力不足が深刻となっています。「ひとのために。ひとの力で。ともに明日へ。」をスローガンに掲げ、ひとの手を介したサービスを提供しているHITOWAグループにとっても、極めて重要な課題と捉えております。

当社は、老人ホームや保育園などの運営、ハウスクリーニングや家事代行サービス、介護施設における給食サービスの提供などを展開しておりますが、これらの事業のグループシナジーをDXをもって実現することで、既存サービスの枠組みを超えた新たな価値を創造し、新規顧客領域の拡大を目指しています。

この取り組みを推進するため、このたびDX推進担当役員を選任し、さらにはグループ横断のDX推進体制を構築しました。

今後も推進状況をステークホルダーの皆様に発信し続け、当社のDX戦略の実現に向けて、さらに邁進してまいります。

HITOWAホールディングス株式会社
代表取締役社長
日髙 博美

経営ビジョン

「くらし」におけるソリューションプロバイダーとして新たなニーズに応えます

HITOWAグループでは『家族とくらしを支える新たな価値を創造し、「感動と満足」を提供しつづけます。』という経営理念を掲げています。あらゆる家族とくらしを、ひとの手を介しサポートし、くらしに感動と満足をお届けする。社会が求める新たなニーズに応えながら、価値のあるサービスを生み出していく。それが、生活総合支援サービスを担う私たちの使命であり、自ら誇りを持って真摯に事業に取り組むことでお客様や社会からの信頼を得てまいりました。

その歩みを止めることなく、今後のデジタル社会を見据えて、常に新たなことに取り組み、より一層の「感動と満足」を追求しなければなりません。

そのために私たちHITOWAグループでは、DX推進によりグループシナジーを創出し、お客様の「くらし」におけるソリューションプロバイダーとして展開することで、社会が求める新たなニーズに応えてまいります。

ビジネスモデル

デジタル技術を活用して、より利便性に優れた安心・安全なサービスを提供します

HITOWAグループでは、「ひとのために。ひとの力で。ともに明日へ。」をスローガンに掲げ、人々の基盤となる「くらし」を、ひとの手を介しサポートしてまいりました。

その想いは継続しつつ、デジタル技術により、グループ間シナジーのもと、社会的課題やお客様に対して、利便性に優れたサービスや安心・安全なサービスなど、新たな価値を提供することが、私たちHITOWAグループが目指すビジネスモデルです。

具体的には、IT技術による介護施設の入居者様への誤薬防止やAI搭載カメラやセンサーを用いた見守り、さらには当社のみならず同業他社をも含めて業界全体でお客様への課題解決に取り組むマッチングサイトの運営などを通じて、より安心・安全に暮らしていけるお手伝いをしてまいります。

DXに関するプレスリリース

DX戦略

グループ全体の統一したプラットフォームでお客様を支えます

HITOWAグループのさまざまな事業をひとつのプラットフォームで支え、お客様の抱える社会的課題をグループ全体で解決することが、私たちHITOWAグループのDX戦略です。

  • さまざまなサービスをお客様にアプローチできる仕組み作り
  • お客様の求めるサービスを迅速に提供できる仕組み作り
  • 業務効率の向上により従業員の負荷軽減につながる仕組み作り

そのためにベースとなる新たな基盤の検討から着手し、一から作り上げるスクラッチ開発から既存サービスの活用まで幅広く可能性を視野に入れ、より良いプラットフォームの構築を目指していきます。

また、コンサルティングによる支援など、基盤構築に明るい人材をプロジェクトに参画させることも検討しています。

体制・組織

グループ各社のメンバーが一体となり、DXを推進します。

DX推進担当役員を任命し、HITOWAグループ各社におけるIT部門を中心にデジタル技術を活用した新たな取り組みに着手しています。

また、案件によっては実務に精通した事業部門を加え、さらには外部コンサルティングによる支援を仰ぐなど、メンバーが一体となって強力にプロジェクトを推進してまいります。

成果指標

お客様と従業員の満足度を絶えず向上し続けます

私たちHITOWAグループは、DX推進の成果として、お客様および従業員の満足度を重視しています。

毎年実施している顧客満足度調査と従業員満足度調査において、デジタル技術を用いながらさまざまな課題解決に応えることで、絶えず向上し続けることを目標としています。