HITOWAキッズライフ 世界基準の教育プログラム「セカンドステップ」導入

HITOWAホールディングス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 CEO 今田 健治)を親会社とするHITOWAキッズライフ株式会社(東京都港区、代表取締役社長 大井 安治)は、2018年6月1日より、アメリカ・北米をはじめ、現在世界70カ国以上の教育機関で実施・導入されている教育プログラム「セカンドステップ」を、同社が運営する保育所(「太陽の子」「わらべうた」)、全国約100園に本格的に導入いたします。
「セカンドステップ」は、1979年設立のNPO 法人Committee for Children(アメリカのワシントン州)により、開発され、30年以上の歴史をもつ教育プログラムです。
当教育プログラムでは、心の知能指数「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」を育て、集団生活の中でのコミュニケーション能力を培います。

「セカンドステップ」について

1)系統的に学ぶ4つの内容

①学びのスキル
②共感
③情動の扱い
④問題の解決

2)具体的に養われるスキル

「自分の気持ちに気づいて言う」
「相手の気持ちを推測して思いやる」
「自分の情動を整えて落ち着く」
「人間関係の問題を解決する」
「フェアな社会的行動をとる」

3)予防効果

問題行動、反社会的行動、同年代の子どもを拒否すること、衝動性、攻撃性の予防

4)促進効果

集団生活での成功、園(学校)に行く前の準備、社会や人生における成功の促進

HITOWAキッズライフは、当教育プログラム「セカンドステップ」の導入によって、卒園後の園児たちの成長を見据え、園児たちの将来にも責任をもち、しっかりつながってまいります。
最後に、HITOWAグループは、「家族とくらしを支える新たな価値を創造し、『感動と満足』を提供しつづけます。」という経営理念のもと、これからも、人とくらしに寄り添いながら、わが国唯一の生活総合支援事業者の実現を目指してまいります。

本件に関するお問い合わせ

HITOWAホールディングス株式会社
広報企画室  担当 : 小山
電話 : 03-6632-4929
E-MAIL : pr-hd@hitowa.com